☆ 寿司&ワインParty ☆

土曜日の夜は、我が家でお寿司&ワインパーティーを開催しました。
元々お寿司の板前さんをされていた方が夫のワイン仲間のお1人にいらして、この度お仕事でスイスに行かれることになり、送別会を兼ねて、ぜひ出発前に腕前をご披露していただきたいという声が多数あり、企画したものです。

画像


早朝から寿司ネタを仕入れに築地に出向き、そのまま我が家に来ていただいてお昼過ぎまでかかってネタの仕込み。
魚の頭や内臓は既に築地でさばいてもらった状態で我が家に持ち込んでいただいたのですが、更に寿司用に丁寧に下処理をしてさばかれていく魚たち。
丁寧で美しい手さばきときめ細かい作業の様子はアッパレで、ただただ見つめるばかり。

画像


画像


画像


ご指導の下、予め寿司飯用のお米の調達をし、指示を仰ぎながらお米を炊いて、寿司酢を配合して・・・と、少しばかりお手伝いをしましたが、勉強になることばかり。
寿司酢はもちろん、お寿司を食べる際に使う醤油や塩なども、市販のものそのままではなく、一手間も二手間も加えた手作り。
お寿司の世界は凄いです。
実のところ、家庭で握ってもらうお寿司なので、もう少し簡単な感じにやるのかな・・・などと考えていたのですが、いえいえどうして、やはりそこはプロ。
味へのこだわりや技は妥協を許しません。
家庭でやることなので、お店と同じようにとはいきませんが、出来る範囲で色々と工夫をして下さって、仕込みの段階から、あまりの凄さに圧倒されっぱなし。
今日の会は凄いことになりそう!!・・・と、夜の宴への期待が高まります(笑)。

夕方には着々と準備も整い、ご持参いただいた高価な包丁と共にスタンバイ完了。
我が家のキッチンカウンターがお寿司屋さんに変身です。

画像


今回のゲストは夫のワイン仲間や私の友人達など、総勢12人。
私達を含めると14人と凄い人数なので、ダイニングテーブルだけではとても座りきれず、折りたたみ式の簡易な椅子やソファーにも座っていただくことに。
そんなことで、テーブルセッティングをしておもてなし・・・などという感じではなく、紙皿や割り箸を使って立食式にさせていただきました。

画像


さてさて。いよいよお寿司&ワインパーティーのスタートです。
ゲストの皆さん、プロが握ってくれるお寿司に胸高鳴らせて来ていただいたはず(笑)。

まずは、平目の薄作り。
ポン酢でいただきます。

画像


そして、鮪(中トロ、赤身)、スズキ、平目、エンガワ、金目鯛、雲丹、巻き物などお寿司もじゃんじゃん握ってくれました。

画像


画像


画像


いや~。自宅でこんな本格的なお寿司を目の前で握っていただけるなんて夢のよう。幸せです♪♪

私もおかずを3品ほど用意。
ひじきのサラダ
画像


小鯵の南蛮漬け
画像


筑前煮
画像


いつものように、各々が持ち寄って下さったワインも堪能させていただきました(写真は翌朝撮りました)。
画像



ゲストの皆さんが口々に、美味しかった~♪楽しかった~♪と仰ってお帰りになり、企画した私達も非常に嬉しいことでした。
本来は送別されるご本人に、早朝から深夜まで働いていただいてとても申し訳なかったのですが、出発前にワインのお仲間に、キリリとお寿司を握る姿をご披露でき、皆さんも感激されていたのが何より。
ともあれTさん。本当にお疲れ様でした。1日我が家の我儘におつきあいいただき、ありがとうございました。

寿司&ワインパーティーは大盛況でお開きとなりましたが、今回、目の前でプロの方の技を見せていただいて、私自身勉強になることや得ることがたくさんあり、非常に有り難く貴重な経験でした。

狭い我が家のリビングの許容範囲を超えた(?)人数でバタバタとしてしまい、至らぬ点も多々あったかと思いますが、ご参加いただいた皆様もありがとうございました。
これに懲りずにまたいらして下さい☆
















"☆ 寿司&ワインParty ☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント