☆ Plaisir7月 ☆

Plaisir7月のレッスンが、先週金曜日で終了しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


今月は暑い季節に合わせて、タイ料理のメニューをご用意しました。
テーブルもタイらしい雰囲気にしたいと、鮮やかな彩りの布やお花を使って。
黄緑色のテーブルランナーはタイのジムトンプソンのものですが、光沢のあるシルク素材なので、これを使うだけでテーブルがぱっと明るくなって南国らしい雰囲気になる優れものです。
手持ちの他のテーブルクロスとは馴染みにくい色合いだったので、下にもう一枚幅広のランナーとして、IKEAでブラインド用に売られていた、ヤシで出来た黒地のゴザのようなものを敷きました。
食器もタイ製のセラドン焼を使い、アクセントとしてお花とナプキンをオレンジ色にし、毎回違った色合いのデンドロビウムをテーブルに散らして楽しみました。


画像

画像


画像

画像



この季節は生花のもちが悪いので、今月は造花を使いました。
インテリアショップで、タイ料理のテーブルに合いそうな雰囲気でと、テーブルの色合いなどを伝えて組み合わせてもらったのですが、ガラスの器越しに、巻きつけた茎を敢えて見せるなど生花にはない楽しみ方をしましょうと提案していただき、あれこれと試作してもらった結果、黒い石と緑の実物、大輪のオレンジの花の組み合わせに決めたものです。
これをテーブルに置くと一気に南国らしい雰囲気が出るので、とても気に入っています。
黒い石のように見えるものは実はプラスチック製のとても軽い物で、器に花を生ける時の花止め的な役割として使われるものだそう。


画像




メニューは
・ヤム マクア(茄子のヤム)

画像



・トム ヤム クン(タイ風海老のスープ)

画像



・パット バイカパオ ガイサップ(鶏ひき肉のバジル炒め)  タイ米と目玉焼きを添えて

画像



・メロンのジェラート ココナツクリーム添え

画像



今回のメニューは、在タイ中に学んだタイ料理の知識や技術をベースに、日本人の口に合いやすいように、また日本で手に入る食材を使うということをモットーにしてレシピ作りをしたのですが、レッスンにいらしていただいている方の中には、タイ在住経験がありタイ料理に精通した方から、タイ料理はあまり食べたことがない方、はたまた辛い物は苦手という方までいらして、唐辛子の辛さをどの程度にするかという点では非常に苦心しました。
タイ料理は、辛み、甘み、酸味、しょっぱさのバランスで味を決めることが多いので、あまり辛さを抑えてしまうと、味のバランスが崩れてしまいがち。
私自身、現地での辛さに慣らされてしまったせいか、かなり辛いものでも大丈夫な方なのですが、辛さの感じ方は人それぞれなので、自分の辛さの感じ方を基準にしていいものかどうか迷い、何度も試作を繰り返す日々でした。
タイ料理通の方達には辛さが少し物足りなかったかもしれませんが、辛いものが苦手な方達にも召し上がっていただくことができ、毎回参加された方全員が完食していただけたので、ホッとしました。
また、タイの調味料や野菜、調理道具の中には、日本ではあまり馴染みのない物もあるのですが、そういった物のご紹介をさせていただいたり、タイならではの食習慣や現地での生活の様子などをお話させていただいたりと、私自身がタイでのことを懐かしく思い出す場でもありました。

トムヤムクンがこんなに簡単にできるスープだとは思わなかったという方や、タイ料理はどんな調味料で味つけをしているのか初めて知ったという方、ヤシ砂糖が気に入って何度も味見をしていた方(笑)、クロック(石臼)でにんにくや唐辛子を思いっきり叩いて、日頃のストレスを発散した方(苦笑)など、今回のレッスンが、タイ料理に触れて、タイのことを少しでも知って楽しんでいただける場になったのであれば幸いです。



さて。諸事情により今月から暫くPlaisirのレッスンをお休みさせていただくことになりました。
レッスンにご参加いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、よりパワーアップした形でレッスンを再開できるよう準備をしていきたいと思っておりますので、暫しお待ち下さいませ。
再開の目処は来年春くらいと考えておりますが、その際はブログでもまたお知らせさせていただきます。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント