『青草か』

もうひとつランチネタを。
今回は天現寺にある和食のお店『青草窠(せいそうか)』。
タイトルでは‘か’の文字が漢字変換できず、やむなくひらがな表記にさせていただきました。

広尾駅から徒歩10分ほど。
天現寺の裏手に現れる、白いモダンな建物の一階にあります。
清潔感のある店内はカウンターと個室があり、予約の時点では個室を使えるかどうかわからないとのことでしたが、運良く個室に通していただけました。
お部屋には茶釜や床の間があり、お茶室として使える造りになっていて、それほど広くはありませんがそれが却って落ち着けて、お友達同士ゆっくりと寛いで食事を楽しむことができました
画像


ランチは6,300円と12,600円のお任せのコース2種類で、今回いただいたのは6,300円のコースです。

無花果に胡麻ダレ、さつまいも 百合の花の蕾
画像


鱧と冬瓜のお椀
この日一番感動したのがこれ。
ふっくらとした鱧はもちろん、熱々のお出汁がしみじみと身体に染み渡るような美味しさでした。
画像


手打ちの冷や麦
器が氷でできていてびっくり。
冷や麦の冷たさが保たれるのはもちろん、見た目も涼やかで、伺ったのはとても暑いでしたが一気に涼しくなりました。
画像


八寸
画像


鮎の揚げもの
頭から尾までからっと揚がり、別に添えられていた骨もパリパリ。
画像


蓮根饅頭 万願寺唐辛子 
ムチッとした食感の蓮根饅頭にかかっていた餡がまたいいお味。
画像


新ショウガのご飯 赤だし 香の物
画像


水羊羹 お抹茶
口の中でとろけてしまうような水羊羹。お腹がいっぱいでもするりと入ってしまいました。
そしてお抹茶がいただけるのも嬉しい♪
画像


いやー、美味しかった!!
とても丁寧に作られたお料理の数々は、しっとりと静かな感動を呼ぶお味。
器なども決して派手ではありませんが、趣味が良く、厳選された質の高いものを使っているのが感じられ、和食ならではの季節感がある演出には視覚的にもじゅうぶん楽しませていただき、また、客人をもてなす心が随所に感じられて、とても勉強になりました。
お店の方のサービスもはんなり上品で、お店を出る時にも角を曲がるまで見送ってくださり、いいお店だな~としみじみ。

それなりにとか、まずまず美味しいといった和食店は沢山ありますが、しみじみ美味しいなぁ・・・と感動するお店はそれほど多くないので、久しぶりに満足感のある和食ランチでした。

暑い日だったのでビールを飲んで、〆て8000円弱と、ランチとしてはちょっと贅沢なお値段かと思いますが、お値段に見合う価値はじゅうぶんあるかな・・と。
和食はもっとも季節が感じられるお料理でもありますので、また違う季節にぜひ訪れてみたいお店です。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント